top of page
  • eyeb_edited_edited
  • ezgif-2-11a4946042b0
  • ezgif-2-18fc557723c0
  • ezgif-2-165105c48145_edited
  • ezgif-2-de941fb5689c

Breathe Official

Public·40 members

[テレビを見る/TV]] 横浜ミナトチャンピオンシップ2023 ライブ 横浜ミナト Championship Fujiki Centennial ライブ 2023年8月3日(木) ~ 8月6日(日) 横浜カントリークラブ 西コース 2023 年 8 月 2 日


1分前に更新します。


◇国内男子◇横浜ミナト チャンピオンシップ ~Fujiki Centennial~ 事前情報(2日)◇横浜CC(神奈川)◇パー71(7231yd) 「危険な暑さ」の予報が出てもう何日も経つ。3日(木)開幕の男子ツアーが行われる横浜市は、前日のきょうも熱中症警戒アラートが発表された。


=►📲👉横浜ミナトチャンピオンシップ2023 ライブ


=►📲👉横浜ミナトチャンピオンシップ2023 ライブ




3日前に北海道での「日本プロゴルフ選手権」を制した平田憲聖は「先週は日傘を差さなかったんですけど、今週は差さないと死んじゃう…。“氷のう”はきょう1ホールで(氷が)溶けちゃった」と苦笑い。36℃を超す気温での調整を終えて、熱のこもった息を吐いた。



うだるような暑さに辟易するのはプロゴルファーもアマチュアも同じ。楽しいはずの晴天のゴルフは最近、気温上昇により真夏の悲劇を生むリスクも高まっている。石川遼はこの日のプロアマ戦で前週に続いてバケットハットをかぶり、白いアームカバーに加えて顔も覆うことができるネックカバーも装着して紫外線をガードした。ツアープレーヤーにとっては目の前の一打もさることながら、4時間以上にわたって浴び続ける強烈な日差しも、いまや攻略すべきもの。「初めから暑いのが分かっているので、心構えはできている。むしろこの暑さを楽しみにしているくらい」と笑う。とはいえ、気持ちの上での覚悟だけでは戦えない。プレー中はこまめな水分補給が欠かせず、石川は18ホールを回る際に「(500ミリリットル)ペットボトル4本分は確実に飲んでいる」という。プロの大会では各ホールのティイングエリアに飲料水やスポーツドリンクが準備されており、都度補充が可能。隣を歩く佐藤賢和キャディの感覚では「(選手は)5本…、6本いくかもしれない」と摂取量はさらに多い。



石川は「水だけ飲めばいいわけでもない」と続ける。電解質を補給する経口補水液に加え、「塩分をいかにとるかを意識している。塩分が(体から)なくなった瞬間に頭が回らなくなったり、体の調子が悪くなったりする」。梅干しや塩飴、塩分タブレットも夏場のプレーには欠かせない。ペットボトル(最低)4本、塩分補給のアイテム…。一般的なエンジョイゴルファーは果たして、コースに向かう前のコンビニエンスストアでどれほどの量を準備しているだろうか。(横浜市保土ケ谷区/桂川洋一)



◇国内男子◇横浜ミナト チャンピオンシップ ~Fujiki Centennial~ 事前情報◇横浜CC(神奈川)◇7231yd(パー71) 国内男子ツアーはメジャー第2戦を終えて新規大会を迎える。日米両ツアー通算13勝の丸山茂樹を大会アンバサダーに据えて3日(木)に開幕。賞金総額1億円(優勝2000万円)を150人の出場選手が争う。



今季13試合目は2023年の折り返し地点。賞金レースでトップに立つ金谷拓実は不在で、2位の中島啓太、前週の「日本プロゴルフ選手権」で優勝し3位に浮上した平田憲聖が参戦を決めた。4位の蝉川泰果、5位の岩田寛も2週前のメジャー「全英オープン」から3戦連続出場となる。2016年に改修工事を完了した横浜CCの西コースでは18年の「日本オープン」で稲森佑貴が優勝した。当時2位だったショーン・ノリス(南アフリカ)も今大会のエントリーを済ませている。今季初勝利が待たれる石川遼のほか、永久シード選手の倉本昌弘、片山晋呉がフィールド入り。前週ウェールズでの「全英シニアオープン」で4日間を戦った藤田寛之は主催者推薦により強行スケジュールをこなす。連日の猛暑をどう乗り切るかも上位進出の条件になりそうだ。<主な出場予定選手>石川遼、今平周吾、岩田寛、片山晋呉、河本力、倉本昌弘、蝉川泰果、中島啓太、ショーン・ノリス、比嘉一貴、平田憲聖、堀川未来夢、宮里優作、藤田寛之



デビュー戦の1995年「ブリヂストンオープン」でいきなり5位に入った。98年の初優勝を契機に5勝を重ね、2001年には米ツアーでシード権も獲得するなど活躍したが、2014年のシード落ち後は、「今の子たちのゴルフは僕らとは別物です」と、若手との格差を痛感するばかり。「飛ぶし、道具の進化もあるし、今の子たちはトレーニングもしてるし、無理だもん」と、開幕前から白旗だ。それでも、会場にやってきたのは少しでも恩を返すため。主催の「藤木企業株式会社」の藤木幸吉・代表取締役社長とは日大同期で、大会アンバサダーをつとめる丸山茂樹は3つ先輩。新規開催発足のきっかけとなった丸山らとのラウンドには、横尾も同行しており、「ぜひ応援させてください、と言っていただいて」と、そのご縁でグループ会社の「三協」と、関連会社の「ナカムラロジスティクス」とサポート契約に至った経緯もある。記念の第1回大会にはホストプロとして推薦出場を頂き、「僕はこちらがメインですから」と、開幕前日のプロアマ戦こそおもてなしに奔走。「明日からは、とりあえず暑さで倒れないように。体調を崩さないように頑張ります」と、今から予選落ちする気で満々だ。「でも、彼らはまだ頑張っていますよね」と、ちらりと目をやるのは2人の大学同期。横尾と共に、日大時代は3人揃ってあまりの強さに「三羽カラス」と称されたツアー通算31勝の片山晋呉(かたやま・しんご)も、同12勝の宮本勝昌(みやもと・かつまさ)もいまだ第一線に立っており、「あいつらは本当に凄い」と、横尾にとっても誇りだ。横尾と宮本が昨年、片山が今年50歳を迎えて“デビュー”を果たしたシニアツアーでは最近、一緒になることが増えたが、レギュラーでのそろい踏みは2021年8月の「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」以来。久しぶりに3人一緒に写真を撮ろうと、プロアマ戦後に2人を探しに行ったが、片山の姿はもう見えず、宮本はロッカールームですでに裸になり、トレーナーさんの施術を受けていたため、仕方なくひとりぼっちの記念撮影。「僕は盛り上げる、なんてとうてい無理だけど。とりあえず2日間は頑張ります」と、無理矢理にガッツポーズを作った。

About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...
  • Instagram
  • Twitter
  • TikTok
  • LinkedIn
  • Spotify
bottom of page